絵本 雨

本日紹介する絵本は、2009年に出版された「あめふりくまのこ」です。


あめふりくまのこ

ストーリー
普遍性
道徳性
読み聞かせ
読みやすさ

Amazonのレビューを確認する

※評価の要素の採点基準について


歌詞が文章とイラストで描かれた童謡絵本です。


幼稚園で、この絵本を使った授業?があったらしく、子どもからのリクエストで購入した思い出の絵本です。


可愛いイラストが特徴で、カマキリやカタツムリなど、細部に至るまで描かれているので、動物探しをしても面白いと思います。


歌いながら読み聞かせできる素敵な絵本です。


あめふりくまのこ 鶴見 正夫 (著), 高見 八重子 (イラスト)


YouTubeで、アニメーションもあります。


絵本 料理

本日紹介する絵本は、2009年に出版された「ばばばあちゃんの なんでも おこのみやき」です。


ばばばあちゃんの なんでも おこのみやき

ストーリー
普遍性
道徳性
読み聞かせ
読みやすさ

Amazonのレビューを確認する

※評価の要素の採点基準について


ばばばあちゃんが、お好み焼きを作る料理絵本です。


結構、本格的なレシピがのっているので、色々なお好み焼きを、子どもと一緒に作ると楽しいと思います。


うちの子は、この絵本がきっかけでお好み焼き好きに・・・。



なお、ばばばあちゃんはシリーズとなっていて、色々な料理の絵本があります。


また、料理のレシピだけでなく、(料理を)仲良く分けることなど、道徳的な要素もあります。


食育のきっかけとなる素敵な絵本です。


ばばばあちゃんの なんでも おこのみやき (ばばばあちゃんの絵本) さとう わきこ (著)

絵本 グリム童話

本日紹介する絵本は、私が子どもの頃にも、家にあったグリム童話の「おおかみと 七ひきのこやぎ」です。


おおかみと 七ひきのこやぎ

ストーリー
普遍性
道徳性
読み聞かせ
読みやすさ

Amazonのレビューを確認する

※評価の要素の採点基準について


“おなかに石を詰められたオオカミが井戸(泉)に落ちる話”といえば、思い出す人も多いのではないでしょうか?


実は、グリム童話って、子どもが小さい頃は敬遠してました。


何故なら、お話が少し残酷だから・・・。



ただ、グリム童話は世界中で読まれている事もあって、多くの創作物に影響を与えています。


そのため、これらの話を知っておくことはプラスになるかな・・・と思って、年長さんぐらいから読み聞かせました。


子ヤギ、オオカミ、お母さんヤギと、それぞれ演じがいのある絵本ですね。


おおかみと 七ひきのこやぎ 那須田 淳 (著), 柿本 幸造 (著)

絵本 ふたご

本日紹介する絵本は、2014年に出版された「ふたごのたこたこウィンナー」です。


ふたごのたこたこウィンナー

ストーリー
普遍性
道徳性
読み聞かせ
読みやすさ

Amazonのレビューを確認する

※評価の要素の採点基準について


双子のたこたこウィンナーが、お皿の上からとこたこ逃げ出しました。


どこにいるか、わかるかな? どこ、たこ??


この絵本は、イラストの中に紛れているたこウィンナーを探したり、“たこ”の言葉を探したりと、子どもと一緒に楽しめるのが魅力です。


この絵本を読んだあと、幼稚園のお弁当のリクエストがしばらくの間、たこさんウィンナーになった思い出の絵本です。


ふたごのたこたこウィンナー 林 木林 (著), 西村 敏雄 (イラスト)

絵本 音読 おすすめ

本日紹介する絵本は、日本昔ばなしでもお馴染みの「かさじぞう」です。


かさじぞう

ストーリー
普遍性
道徳性
読み聞かせ
読みやすさ

Amazonのレビューを確認する

※評価の要素の採点基準について


町に笠を売りに来たおじいさんが、その帰り道、雪を積もらせたお地蔵様に笠をかぶせてあげた・・・


という、あのお話です。


話の内容、文字の量と、音読の練習をするには、最適の絵本だと思います。


言葉の遅れがあったうちの子は、かさじぞうを百回以上は音読しました。


また、YouTubeにアニメがあったので、音読の参考にもしました。





大人になってから見返すと、


「情けは人のためならず」の要素が入っているな・・・と思いながら、子どもと一緒に輪読した思い出の絵本です。


いもとようこさんのイラストも素敵。


かさじぞう いもとようこ (著, イラスト)